2010年06月06日

飯豊連峰を望む「鏡山」登山

穏やかに晴れた登山日和です。
今日はS・T・C(スロー・トレッキング・クラブ)の第六回目の登山日で、飯豊連峰の残雪を眼前に観ることが出来る「鏡山(1338.9m)」です。
今回は新しくNさんも参加され、全員で10人のパーティーです。
昨年はこの時期に5人で「弥生コース」を登り、雄大な飯豊連峰に感激しました。
今回は「四ツ沢コース(弥平四郎〜七森峰〜鏡山)」を辿ります。
新潟市を7:00に発ち 登山口に8:40着です。
ダムの右岸のシダの繁った道を沢沿いに行くトチの林です。
渡渉を繰り返し、30分程で尾根の取り付き地点です。
ここからは年齢を重ねた大きなブナの中の急登が続き、約1時間で「弥生コース」との分岐点に着きます。

007.jpg
(巨大なブナ林が続く登山道)

そこで休憩をとり、水場〜七森峰を経て山頂です。
登山口から山頂までクッションの効いた道を、会話をしながら凡そ3時間弱の行程でした。
緑の林の中で見通しが悪い道中から、山頂に出ると突然前面に飯豊連峰を望むことが出来ます。

016.jpg
(鏡山山頂)

残雪を抱いた「大日岳」から「飯豊本山」にかけての稜線が、青空を背景に巨大なスケールで迫ってきます。
苦しかった登りも、汗をかいたことさえ忘れさせてくれます。
飯豊連峰の展望台ともいえる山頂で、皆で昼食を広げ夫々の料理を頂きます。
ユックリ休憩の後、12:50下山開始。
登ったルートを下り、登山口到着は15:05。
好天に恵まれ、事故もなく満足度100%の登山でした。

023.jpg
(山頂から飯豊連峰を望む)
posted by 山人 at 22:11 | Comment(1) | 鏡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。