2011年08月14日

夏の角田山「花図鑑」21

依然として腰から脚にかけてツッパリ感や痺れ、痛みの残る身体で一昨日は樋曽山を沢沿いに登り、昨日は五倫石コースから山の神コースを辿りました。
樋曽山の沢は藪に覆われ恰も原生林の模様です。
倒木を乗り越え、草を払いながら登っていくとキツネノカミソリやヤブランが咲いていました。
なかでも、花の時には葉がないことからウバと云う名がつけられたオオウバユリが数株花をつけて迎えてくれました。

007.jpg
(オオウバユリ)

今日も高気圧に覆われ厳しい暑さです。
S・T・Cのメンバーにミツネノカミソリを鑑賞しながらの浦浜コースの登山をよびかけました。
お盆と云うこともあって姿を見せてくれたのはOさんだけです。
登りはじめて最初の東屋で既に登頂を終えて帰途についているNさんに会いました。
脚と腰に痛みを感じる為、健脚のOさんに先に登ってもらいます。
今日の体調だと第二東屋までが限度の予感です。
例年の今頃はキツネノカミソリの花の最盛期ですが、今年は未だ蕾をつけたものが多く満開とはいえません。
それでも写真を撮りながらユックリと歩を進めます。
ツリガネニンジンも花をつけていました。
途中でTさんが追いついてきてくれました。
目標の第二東屋に到着し休憩をとります。
疲れのとれたTさんは更に山頂を目指すとのことで、ここから引き返すことにしました。
それにしても、猛暑の登山はとても厳しく疲労困ぱいでした。

019.jpg
(ツリガネニンジンとキツネノカミソリ)
posted by 山人 at 14:28 | Comment(0) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。