2011年03月18日

「角田山」Sさんの登頂記念日

高気圧に覆われ青空が広がっています。
しかし、気温は低く日陰の道路や登山道は凍結し、震災の被災者の生活が多くの困難を伴っていることを実感します。
テレビも新聞も原発の事故に関する報道で、対応の厳しさが不安をつのらせます。
お見舞いと応援の気持ちを胸にしまい、早朝、角田山に登ってきます。

001.jpg
(稲島から角田山を望む)

低温で雪がしまり、歩きやすい道になっています。
ところで、昨年の11月まで一緒に登っていたSさんが、約100日ぶりに山頂に立ちました。
今日は登頂記念の日です。
山小屋には多くの知人が次から次へと入ってきます。
元気そうな姿を見ると、登ってきた喜びが倍増します。

003.jpg
(山頂)
posted by 山人 at 13:31 | Comment(1) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆さん勇気ありますね〜
心配で買い物以外 外へは出ない様にしています

今頃 一番最初に雪割草の咲く樋曽山へ向かう登りきった所が
綺麗なんだろうな〜と思ってますが どうかしらねぇ〜?
雪を抱いた雪割草がお日様に照らされると光 輝きいっそう綺麗ですね♪

Sさんて? キノコ取りの名人のSさんの事でしょうか
登っていられなかったのですか!
宜しくお伝え下さい

Posted by tubame at 2011年03月18日 16:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。