2010年08月18日

太閤忌の「寺尾中央公園」散策

今日も朝から晴れ渡った一日です。
朝から気温も高く、じっとしていても汗ばんできます。
昨日から緊急の用事で、暫くの間、自宅から遠いところに出かけられません。
近くの寺尾中央公園を散策します。
木陰の散策は気持ちを和ませてくれます。
ピンク色や白色のムクゲが色鮮やかな花を咲かせています。
実はこのムクゲは韓国の国花です。
ムクゲ花を眺めながら、豊臣秀吉が明の征服と朝鮮の服属を目指して出兵した文禄の役(1592年)や、明との講和交渉が決裂し朝鮮へ再度出兵した慶長の役(1597年)を思い起します。
慶長3年の今日(1598年8月18日)は、豊臣秀吉が波乱に満ちた生涯を閉じた日です。
辞世の句は「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢 」と詠んでいます。
ムクゲ→韓国(朝鮮)→「文禄の役・慶長の役」→豊臣秀吉→太閤忌と連想しながらの散策でした。

005.jpg
(ムクゲ)
posted by 山人 at 13:28 | Comment(0) | 寺尾中央公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。