2010年12月30日

今年最後の「角田山」登山

明日から年始にかけて荒れ模様の天候が予報されています。
久しぶりに時間が取れる一日となった為、早朝、角田山に向かいます。
おそらく、今日が今年の登り収めになりそうです。
五倫石コースの登山口は薄く雪に覆われています。
駐車場でOさんと一緒になり、二人でゆっくりと登ります。

001.jpg
(五倫石コース登山口駐車場)

途中で、野うさぎの足跡を見つけました。
これから、色々な動物の足跡を観ることが出来るのも、冬山登山の楽しみの一つです。

002.jpg
(野うさぎの足跡)

道中、ヒラタケを採取しながら山頂に着きました。
積雪は約20cm、閑散とした山頂です。
山小屋で暖をとりながら焼いた餅とコーヒーでおなかを満たします。
下山はNさんと一緒です。

003.jpg
(山頂の雪景色)

今年の後半は、個人的に冠婚葬祭の連続であわただしい一年でした。
皆さん、一年間にわたり拙文を御覧いただきましてありがとうございました。
来年も四季の登山を楽しみながら、ブログに投稿したいと思っています。
お時間がございましたらご笑覧ください。
それでは、良いお年をお迎えください。
posted by 山人 at 20:00 | Comment(1) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

角田山の木道工事完了

天気予報の通り、朝から青空が広がりました。
早朝登山は角田山です。
積雪もだいぶ消え、ぬかるんで滑る登山道です。
リュウノヒゲの青い果実や、ヤブコウジの赤い果実が足元で色合いの対称をなして実っています。
ところで、山頂の木道工事は今日で終わりだそうです。
これで赤土がむき出しの山頂も、少しは治療されて自然がすこしずつ回復できそうです。

002.jpg
(角田山山頂の木道)

一昨日登ったコースで見かけたナメコがそのままになっています。
誰も高くて手が届かなかったのでしょう。
木の枝を利用して採取しました。
今年最後のナメコになるかもしれません。

004.jpg
(ナメコ)

閑話休題、仁箇堤に多くの車が止まっているのが遠くから見えました。
朱鷺がこの場所に舞い戻って来たのでしょうか。
posted by 山人 at 13:54 | Comment(1) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

「角田山」一人登山

朝のうちは雨が降り、この間に用事を3件ほど済ませます。
昼近くになると雲間から陽射しがさしこみ、昼食の赤飯を持って角田山を目指します。
道中の稲島集落から角田山を望むと、山頂の近くが雪で覆われているのがわかります。

001.jpg
(稲島集落から角田山を望む)

登山口の駐車場には一台も車はなく、今日は一人登山です。
雪と落ち葉で滑りやすい登山道を慎重に登ります。
遠くに弥彦山や多宝山の冠雪を見ることが出来ます。
雪を抱いた山頂には人影は殆ど見当たりません。
陽だまりでお茶とお昼をいただき、ユックリと下山します。
今年も残すところ10日余り。
早朝登山を含め登山回数が213回になりました。
健康管理とストレスの発散に、可能な限り山を目指すつもりです。

002.jpg
(角田山山頂)
posted by 山人 at 15:16 | Comment(1) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。