2010年11月27日

仁箇堤の風景

天気予報反し、明るい日差しが注いでいます。
早速、早朝登山に角田山に向かいます。
木立の上に、雲一つなく青空が広がっています。
後から来た知人と二人で山頂を目指します。
山頂は風もなく、ベンチでコーヒーを飲みながら一服します。
充実感に満たされ、気分は爽快です。
山頂に人の姿が多くなる前に下山します。
帰途、久しぶりに仁箇堤に立寄りました。

005.jpg
(仁箇堤から角田山を望む)

ハスの花托が種を抱く穴を下に向けて湖面に浮いています。
「蓮は泥より出でて泥に染まらず」の故事の通り、今年も清廉な姿を眺めさせてもらいました。

004.jpg
(ハスの花托)
posted by 山人 at 14:17 | Comment(1) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

キカラスウリが実る風景

朝から曇り空で肌寒い天候です。
早朝に角田山に向かいます。
山麓の八珍柿の収穫は終わり、入替わるように柿木にキカラスウリの黄色の果実が鈴なりになっています。

002.jpg
(キカラスウリの果実)

登山口の駐車場は人影は少なく、後からやってきた知人と二人で山頂を目指します
登山道の落ち葉は水を含み、うっかりすると足を滑らせてしまいます。
慎重にユックリとした足取りで山頂にたどり着きました。
山小屋には既にストーブに火がつけられ、暖を採りながら談笑のひと時を過ごしました。
帰宅すると一仕事が待っています。
今日は早々に下山することにしました。


posted by 山人 at 13:15 | Comment(0) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

カラマツ林の登山道

寒冷前線の接近の影響で朝から安定しない空模様です。
登山開始直後にパラパラと降った雨が直ぐに止み、低く雲が覆ってきました。
杉林の中の登山道は暗く、気分も湿りがちです。
ただ、道中のカラマツは他の落葉樹の紅葉が終わった後も、雲間から差し込む日差しを受けて黄金色に輝いています。

002.jpg
(カラマツ)

003.jpg
(カラマツの落ち葉)

山頂の戸外は寒く、山小屋でストーブに火を入れ暖をとります。
窓からSさんらしき姿を見ましたが、外に出てみると既に姿はありませんでした。
滑りやすい登山道を注意を払いながら下山し、柿の実が鈴なりになっている柿畑を通って帰りました。

posted by 山人 at 13:37 | Comment(0) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。