2010年09月27日

ツルニンジンとの対面

今日も高気圧に覆われ、澄み切った青空が広がっています。
早朝に「角田山」を登ります。
今日の登山には目的があります。
それは、先日大きく蕾を膨らませていたツルニンジンが、ソロソロ咲き始めるのではないか?との期待を胸にしているからです。
登山道の途中でついに花を観ることが出来ました。
名前の由来は、根が朝鮮人参に似ていることからついたものです。
花を下向きに咲かせています。
身体を縮め出来る限り下方から撮影してみました。
花の可憐さが伝わるでしょうか?
これからが見頃のツルニンジンです。

023.jpg
(ツルニンジン)

山頂にはあまり人の姿はありません。
用事があるため早々に山頂を後にしました。
posted by 山人 at 13:22 | Comment(1) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

白色のヒガンバナ咲く「菩提寺山」

高気圧に覆われ晴天の今日は「彼岸明け」です。
青空は天高く清々しい秋の日和です。
早朝に「菩提寺山」に登ります。
何時ものように「石油の里コース」を登り、「白玉の滝コース」を下ります。
雑木林の登山道は木漏れ日がさし込み、爽快な登りです。
但し、道中には草花は無くその姿を観ることは出来ません。
山頂には既に多くの登山者が寛いでいます。
山頂から五泉市方面を望むと、殆どの田圃で稲刈りが終わっているのがわかります。

001.jpg
(菩提寺山から五泉市街を望む)

帰りのコースの日当たりの良い場所で、黄色い花が陽射しを浴びて輝いています。
ヤクシソウ(薬師草)です。

015.jpg
(ヤクシソウ)

その程近いところでヒガンバナが群生しています。
中に一輪、白色のヒガンバナを観ることが出来ました。
キツリフネやツリフネソウも負けじと群生しています。
この山はモミジやツツジも多く、秋が深まると紅葉が楽しめます。

012.jpg
(ヒガンバナ)


posted by 山人 at 20:05 | Comment(0) | 菩提寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

「角田山」の秋の草花

午前中は寒気の影響で風が強く、肌寒い天候です。
単独で「宮前コース」から角田山山頂を目指します。
比較的行程の長い尾根コースには色々な草花が観られます。
登り始めて間もなくヒガンバナの真っ赤な花が迎えてくれます。
秋の彼岸時期には里でもよく見かけることが出来ます。

003.jpg
(ヒガンバナ)

登山道の脇にはハギやゲンノショウコ、キンミズヒキ、シシウド、ノダケ、シモツケが観られ、ツリフネソウは今が満開です。
道中で筒状の花冠を下向きにしてジャコウソウが咲いていました。
名前の由来のジャコウの香りを嗅ぐことは出来ませんでした。

016.jpg
(ジャコウソウ)

推定気温は20度前後、指先が冷たく感じるほどです。
カサカサと音をたてながら落葉樹の葉が舞い落ち始めました。
駆け足で秋がやってきています。
posted by 山人 at 14:31 | Comment(0) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。