2010年07月31日

「角田山」キツリフネ連想

曇り空で湿度の高い天気です。
早朝登山は「五倫石コース」で角田山を登ります。
登りはじめから身体が重く、汗が全身から吹き出ます。
登り始めると間もなく、キツリフネ(黄釣舟)の黄色の花を観ることが出来ます。
背丈を伸ばした草の間で、釣り舟のような形をしてぶら下がっている様は、
夜空の星の輝きに似ています。

004.jpg
(キツリフネ)

そういえば1944年の今日は、フランスの作家サン・テグジュペリが乗っていた飛行機と共に行方不明になった日です。
サン・テグジュペリの作品の中でもっとも有名なものは童話『星の王子様』でしょう。
物語の中で、愛の純粋な姿とその悲劇を教えています。
一人のときは、苦しさを紛らわすため見えるものに関連付けて、筋書きを思い出しながら登ることにしています。
今日もそんな登山でした。
山頂でコーヒーを飲んで暫しの休憩後下山します。
明日と明後日は仲間と「加賀白山」に登ってきます。
その様子は2日に投稿します。



posted by 山人 at 13:51 | Comment(0) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

佐渡「岡ノ平遺跡」を訪ねて

朝からかなり強い降水があり、荒れた天候です。
今日一日用をたし、夕方の船便で新潟へ帰ります。
昨日に引き続き小木半島の最西端沢崎灯台付近を散策します。
灯台前の広場が「江戸時代の末期に異国船の襲来に備えた砲台場跡」として佐渡市指定文化財に指定されていました。

051.jpg
(手前の岡ノ平(オカノダイラ)遺跡と沢崎灯台)

その場所はきれいに切り払われ、付近にはツリガネニンジンが淡い紫色の花を下向きに咲せているのを観ることが出来ます。
今朝は風も強く、花が風に揺られ今にも釣鐘が鳴り出しそうな風情です。
新潟には新潟の、佐渡には佐渡の良さがあります。
三日間佐渡の歴史や文化や風景を堪能し、用事を終えて、明日から又、新潟の自然を観察しながら登山を楽しむことにします。

060.jpg
(ツリガネニンジン)
posted by 山人 at 22:23 | Comment(1) | 佐渡市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

佐渡小木海岸の散策

今にも雨が降り出しそうな曇り空です。
仕事の前に、早朝散策で佐渡小木海岸を散策します。

小木半島の海岸は溶岩床が隆起して段丘をなしたものです。
その後沈降し、いくつかの溺谷(小木ではマ(サンズイに間))をつくり、又、隆起を繰り返し沿岸に隆起波蝕床をつくりだしています。

045.jpg
(深浦マ(サンズイに間)を望む)

隆起海岸として特色のある地形は、特殊な海岸風景となって散策をしていて興味がつきません。
明日もこの付近を散策する予定です。

048.jpg
(南佐渡海岸)
posted by 山人 at 00:00 | Comment(0) | 佐渡市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。