2010年02月28日

「角田山」花の芽吹き

天気予報に反し、朝から雨があたります。
今日の角田山登山は、Yさんと「このいり沢」を登り、「桜尾根」を下るコースです。
今週続いた好天と気温の上昇で雪解けが早く、山頂の手前まで登山道に残雪はありません。
登り始めると直ぐに「ネコノメソウ(猫の目草)」が観られます。
名前の由来は、熟果の開いた状態が猫の目のように見えるところからきています。
山麓の湿地や谷間に生え、よく見かける多年草です。

001.jpg
(ネコノメソウ)

角田山では「このいり沢コース」で、比較的早くユキワリソウの開花が観られます。
白色や紫色の小さな蕾が膨らみ始めました。
この山では、これから3月にかけて、カタクリやユキワリソウが主役をつとめます。

013.jpg
(ユキワリソウ)

山頂に着く頃に小雪が舞い降りてきました。
山頂や山小屋には余り人影はありません。

018.jpg
(角田山山頂)

下山後、更にシサイドラインを南下して、「田ノ浦海岸」から林道を歩きフキノトウをさがします。
既に採られた後のようで、僅かな収穫量でした。
1591年の今日は、千利休が豊臣秀吉の命により切腹(享年69歳)した日です。
質素と素朴を理想とした利休に倣い、今夜はフキのテンプラを頂くことにします。
Yさんとの登山は、何時も楽しい時間を過ごすことができます。
posted by 山人 at 16:16 | Comment(1) | 角田山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

「菩提寺山」と雛飾り

曇り空が時間の経過と共に、次第に明るい空になりました。
用事を済ませ新潟市の南方、秋葉区(旧新津市)の菩提寺山を目指します。
「石油の里」に駐車して、石油発掘の遺構を眺めながら尾根伝いのコースを登ります。
登り始めるとそこは人工杉林で、今、間伐や整備が行われています。

002.jpg
(人工杉林の整備作業)

杉林を過ぎると間もなく、コナラやホウノキをはじめとする落葉樹林帯です。
この一帯は風致林に指定されています。
風致林は保安林の一種で、美観を守り趣のある景色を残すための林のことです。
登山道は雪解けでぬかるみ、まるで田んぼの中を歩いているようです。
山頂で五頭連峰や菅名山塊を眺めながら、コーヒーを飲んで一息入れます。

005.jpg
(菩提寺山山頂)

下りは「白玉の滝」の方向です。
このコースはまだまだ積雪が多く、もう少し雪が消えてからのほうが良さそうです。
「堀出神社」に参拝し、途中に「新津フラワーランド」の内にある、盆栽や鉢植えで造った雛飾りを鑑賞して帰途に着きました。
「菩提寺山」の多種多様な樹木も、里山を舞台にした雛飾りを思わせます。
もう直ぐ雛祭りです。

021.jpg
(新津フラワーセンターの雛壇)
posted by 山人 at 17:52 | Comment(0) | 菩提寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

「西川」沿いの歴史探訪(U)

前線の通過の影響で、朝から小雨が降り続いています。
今朝は「西川」沿いの右岸の歴史探訪に出かけます。
坂井橋の袂に「吉田家の大山祇神社」が、4本のケヤキの大木に囲まれて鎮座しています。
大山祇神社は戦の神です。
資料には『町村合併時、人心がまとまらないので苦労した。・・・・』とあります。
そのようなことから、この神を信心したものと思われます。

010.jpg
(吉田家の大山祇神社)

西川の右岸を更にさかのぼると、神明宮が鎮座しています。
神明宮(社)は伊勢信仰に由来していて、天照皇大神や豊受大神を分霊して祀ったものです。
伊勢信仰は近世になって民衆にも浸透しました。
新田開発の折に食物神や農業神を祀り、地域の鎮守宮になっています。
このため、県内はもとより全国各地でみることが出来ます。

005.jpg
(神明宮)

昭和11年(1936年)の今日は、軍部の方針に不満を持つ陸軍の皇道派の青年将校達が、 クーデターを起こした日です。
このニイ・ニイ・ロク 事件の関係書物は多く出版されています。
私の読んだものは松本清張著「昭和史発掘(8)」です。
今日の地方紙は「冬季オリンピック」と「トヨタ関連記事」が主で、
ニイ・ニイ・ロク 事件に触れた記事はありません。
『歴史に学ぶ』これが今の日本に必要な気がします。
そんなことを思いながら、雨中の歴史探訪の散策でした。
posted by 山人 at 11:13 | Comment(0) | 新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。