2011年09月05日

「佐潟」と「上堰潟公園」の散策

四国・近畿地方に甚大な被害をもたらした台風12号も日本海に抜け、やや風は強いものの時々青空が覗く朝を迎えました。
依然として腰痛はひかず、脚や腰のツッパリ感が残っています。
それでも今朝はやや気分もよく、近郊の公園をソロリソロリと歩いてみることにしました。
西蒲区にある「佐潟」を植物観察をしながら写真を撮ってみます。
湖面の蓮は依然として大きな花を咲かせているのもがあります。
しかし主役はヒシに交代し、湖面を埋め尽くしています。
ヌマトラノオやイヌゴマが観察できます。
ドクセリやヘクソカズラも花をつけ遊歩道の近くには良く見るとワスレナグサも咲いています。
一面を紫色に染めているのはミソハギです。
所々で立ち止まり体調を整えながらの散策で、今日は野鳥の観察小屋までにして戻ります。

002.jpg
(ヌマトラノオ)

012.jpg
(イヌゴマ)

014.jpg
(ワスレナグサ)

020.jpg
(ミソハギ)

025.jpg
(ドクセリ)

034.jpg
(ヘクソカズラ)

019.jpg
(ヒシで埋め尽くされた湖面)

散策後自動車の中で休み、もう少し歩けそうなので9月3日・4日と「わらアートまつり」が開催された上堰潟公園に立寄ってみました。
「おめさん自慢のカカシコンテスト」作品群やコスモスが咲き誇る園内のわらアート作品を眺め、芝生に腰を下ろし外気を胸いっぱいに吸い込んだ一日でした。

036.jpg
(上堰潟公園の「おめさん自慢のカカシコンテスト」作品)

041.jpg
(わらアート作品「マウンテンゴリラ」)

051.jpg
(わらアート作品「カンガルトンネル」)

054.jpg
(わらアート作品「武蔵丸」)

056.jpg
(わらアート作品「タコろう」)

063.jpg
(わらアート作品「ニャレオパトラ」)
posted by 山人 at 14:39 | Comment(1) | 新潟市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

秋の訪れ「寺尾中央公園」

高気圧に覆われ爽やかな朝を迎えました。
日に日に朝晩の気温も下がり過ごしやすくなってきました。
腰痛の為、角田山に行くことも出来ず今朝は「寺尾中央公園」をユックとリハビリを兼ねて散策してみることにしました。
季節は静かにそして次第に猛暑の夏から秋に移り変わっていました。
園内は朝に開花し夕方にはしぼんでしまう「一日花」のムクゲが咲いています。

002.jpg
(ムクゲ)

008.jpg
(ムクゲ)

コスモスも多くの蕾の中で早咲きの花が咲いています。

004.jpg
(コスモス)

ベンチで読書をしながら、なるべく木陰を歩いて三周し今日の散策は終わりです。
ところでブログのご愛読者に一冊の本をご紹介します。
大先輩のYさんから頂いた『日本中枢の崩壊』著者 古賀茂明(経済産業省大臣官房付)講談社発行
です。
現役のキャリアの現在の日本の政・官のあり方を問い、そして、憂う内容です。
秋の読書シーズンに是非ご一読ください。

010.jpg
(お奨めの本)
posted by 山人 at 12:12 | Comment(0) | 寺尾中央公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

「角田山 妙光寺」の送り盆

約一ヶ月も続く腰痛にとうとう堪え切れなく、昨日、「硬膜外ブロック注射」を尾骶骨にうってもらい、今日はやや痛みも引き少しは歩けるようになりました。
朝から晴れ渡り、久しぶりの青色の空が広がりました。
そこで、角田山の山麓のお寺「妙光寺」において送り盆の行事『第22回フェスティバル安穏』「万灯のあかり」の見学を兼ねてユックリ散策することにしました。
綺麗に清掃された広い境内にはメッセージ灯籠が整然と並べられ、その間を通っていくとバザール。

019.jpg
(境内の池ノ上阿舎からメッセージ灯籠の列を望む)

013.jpg
(境内のメッセージ灯籠の列)

011.jpg
(境内のバザール)

11:00より室町時代から江戸時代まで行われていた日本古来の芸能「肩掛け人形芝居」を観ることが出来ました。
人形芝居燕屋さんの演目は「さんまいのおふだ」です。
筋書きと演技力の素晴らしさで、大人も子供も抱腹絶倒しています。

007.jpg
(大道芸の「肩掛け人形芝居」)

他にも催し物は満載で「送り盆法要」、「千個を越える彩り鮮やかな提灯をぶら下げた提灯広場」、
「ハスの手作りコーナー」、「住職とトーク」等です。
院庭回廊では飲食コーナーもあり、境内にはフェスティバル参加者で多くの人の姿があります。
多くの催し物の中で、一番観たかったのが韓国から招かれた「ビトオムル伝統公演芸術団」のサムルノリ奉納演奏です。
20分を越える熱演に、目は釘付けになり、大きく心を揺さぶられます。
分野を超えて、一流の演奏家によるパフォーマンスに感動した一日でした。

024.jpg
(サムルノリ奉納演奏)

027.jpg
(チンとチャング)

028.jpg
(ケンガリとプク)

posted by 山人 at 15:13 | Comment(0) | 角田山 妙光寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。